ようかんぱん
商品紹介 ようかんぱん 学校給食 会社案内 ようかんぱん通販
学校給食パンの歴史
空白
空白 学校給食の取り組み
ライン
空白 学校給食の歴史
ライン
空白
ライン
空白
ライン
空白
ライン
空白 学校給食ごはんのいろいろ
ライン


学校給食としてパンが登場したのは戦後間もなくのこと。
食事に対する正しい知識や社交性を身につけるなど
教育の一環として全国で始まりました。
当初はコッペパンしかありませんでしたが、食生活の多様化にともない
食パンや黒糖パンなどさまざまな創意工夫がなされてきました。

現在では「食育」を目的とした「地産地消」にも取り組み、
静岡県産の「温州みかんパウダー」や「緑茶粉」などを混ぜ込んだ
静岡県ならではのパンも作っています。

富士製パンは学校給食事業には学校給食制度導入当初から参入し50年。
富士市内はもとより、沼津市、静岡市をあわせ
33,000食の主食であるパンならびに米飯を小中学校に供給しています。